自分のせいとは言え、上がってしまった血圧はどうにか下げたいですよね。薬に頼るのも悪くないですが、食生活や運動である程度改善へ向かわせることも可能です。血圧値の基準を知り、目標を立てて正しい血圧にしましょう。

適度な運動で降圧を

血圧が気になると言う方は、生活習慣を見直すことでそれを改善できることもあります。食事においては塩分摂取量を控える、また野菜や果物も摂取するよう配慮し、肥満にならないようカロリーにも注意することが求められます。そしてそれ以外としては、運動習慣も挙げられます。実際、高血圧治療においても、心臓疾患を持っていない人、またはそのリスクがない人に対しては、1日30分以上の運動を継続して行うことが求められます。この場合の運動とは有酸素運動であり、運動強度としては中度以上のものが求められます。種類としては、ウォーキングや軽いジョギング、水中運動などがおすすめです。そして中度以上ですから、心拍数が1分あたり100~120になるように行うのが良いと言うわけです。実際に心拍数を計ってみるとわかりやすいです。もう少しわかりやすい言い方をすると、それを行いながら隣の人とお喋りをするのが少し難しい程度と表現されることもあります。そして1日30分以上と言う条件に関しては、1回あたりの時間が10分以上であれば、それを合計して30分以上になればそれで良いとされています。何故、適度な運動が降圧に関して効果を見せるのかと言うと、ひとつは運動によって血管の柔軟性が保たれるためです。血管に柔軟性があればその中を流れる血流が増加しても、その圧力を逃しやすいため降圧が期待できると言うわけです。また血流が促進されるために、血流による圧力が発生しにくくなると言うのも理由のひとつです。最近の研究では、1日30分程度の有酸素運動を、毎日ではなく週に2回程度行うだけでも、十分に降圧効果が出ることが明らかになっています。運動習慣が全くない人、あるいは肥満気味の人は、いきなりこうした運動を行うのは難しいかもしれません。その場合は、まずはこまめに体を動かす習慣を持つようにする、またかかりつけ医に相談すると良いです。