自分のせいとは言え、上がってしまった血圧はどうにか下げたいですよね。薬に頼るのも悪くないですが、食生活や運動である程度改善へ向かわせることも可能です。血圧値の基準を知り、目標を立てて正しい血圧にしましょう。

採血では降圧剤やピーナッツなどのカリウム数値に注意

健康を維持したり、予防するためにも大切な採血による検査は、すでに病気を患っている人にとっても病気を悪化させないためや、改善させるために重要になります。検査結果を医師だけが把握するのではなく、自身でも把握して普段の生活や毎日の食事などに注意して行く必要があります。

人工透析を受けている人は、特に検査数値の変化に敏感でなくてはなりません。採血を行い得られた結果で一番注意が必要なのはカリウムです。普段から何気なく食べている食材に多く含まれており、病院からも食べるときに注意するように伝えられる食材はカリウムが多い食べ物です。

ピーナッツなどの豆類やイモ類、そして肉や魚などにも含まれ、野菜やフルーツ、海藻類など一見健康に良さそうな食べ物でも、透析が必要になってしまったら食べる量に注意が必要です。気軽に食べやすいピーナッツなどにはカリウムが多く含まれ、食べ過ぎてしまうと高カリウム血症になってしまうことがあります。高カリウム血症は合併症により命にかかわることがあり、不整脈を起こしてしまったりするケースがあります。降圧剤を使用しなければならない人も、カリウムが多く含まれており、透析を受けてなくても注意が必要になります。

降圧剤を使用している間は、生の野菜や果物100%ジュースなども控えて、過剰にカリウムを取り入れないようにするべきです。極端に意識して食べないようにしてしまうと今度は逆に低カリウム状態になり、これも体に負担がかかってしまいます。このため、採血から得られた情報を大切にして降圧剤やピーナッツなどの食べ過ぎが影響していないか確認し、数値が異常値に至ってしまう前に摂取量をコントロールして行くと良いです。